イベントレポート

 
フォーム
 
平成29年度 元気!ミルク大学
2017-08-14
8月10日(木)~13日(日)
元気!ミルク大学を開校しました!
元気ミルク大学とは…道内の小学5・6年生を対象にした3泊4日の酪農体験学習です
期間中、牛乳や酪農に関するさまざまなカリキュラムが組み込まれており、
親元を離れ初めて会う40名の友達と大学生リーダーとの共同生活&体験学習イベントです。

1日目
11:40 ホクレンビルに集合し、出発式を経ていざ出発!
13:00 雪印メグミルク  札幌工場と酪農と乳の歴史館で見学をしました!!
牛乳や乳飲料などの製造工場を見学したり、昔工場で使用されていた機材などが展示されていたり、
様々なことを学びました。みんなしっかりメモをとりながら話を聞いていました。
15:00 酪農学園大学 へ到着!これから4日間みんなと行動を共にし、身の回りのお世話をしてくれる
大学生のリーダー達が手を振って出迎えてくれました
15:30 オリエンテーション 班対抗でスリッパリレーなどのゲームを行い、結束力を高めます
16:45 入学式 酪農学園大学 野 副学長のお話を真剣に聞き、小さな大学生として気を引き締めました!
17:30 ウェルカムパーティー 牛乳で乾杯し、夕食を食べながらおしゃべり!さらに仲良くなられた様子でした。
その後は入浴時間と自由時間でした。合宿所からはずっと元気な声が聞こえていました
21:00 就寝明日からの授業にそなえておやすみなさい!授業が楽しみすぎて中々寝付けない子もいたようですcheeky
 
2日目
6:00 起床。6:30 からは毎朝、夏休み恒例のラジオ体操をしました。
今日はみんな待ちに待った、酪農を体験できる授業が盛りだくさんです
9:00 ミルクについて考える講座では、牛の胃の消化活動について学んだり、
顕微鏡で牛の胃内にいる微生物をみたりと本格的な授業内容ですenlightened
13:30 酪農を学び体験する講座では、実際に牛とふれあい、牛舎でえさやり、搾乳体験をしました!
特に搾乳は難しかったけどまたやりたい!と、初めての体験を楽しんでいる様子でした
 
3日目
今日は乳製品についての授業です。
9:00 乳製品の製造過程を学び、体験する講座では、乳製品製造学研究室を見学し、バターづくりをしました!
バターは生クリームをペットボトルの容器に入れてひたすら振ることで完成します
一見簡単そうですが、意外と疲れますしかし子供たちは2人で一緒に持ってジャンプしたり、
声を出しながら振ってみたりと、考え抜いた方法で楽しみながらつくっていました
完成したバターを味見した感想は、みんな声を揃えて「美味しい」と大好評でした。
10:30 食と健康について考える講座では、ミルクキャロットコロッケ&牛乳寒天の調理実習!
お世話になっているリーダーにも食べてもらうので愛情を込めて作りました
13:30 体験発表制作 ミルク大学の卒業論文です
班ごとに協力して今回の体験学習で学んだことや印象に残ったことを、模造紙にまとめました。
17:30 卒業パーティー みんなでバーベキューを楽しみながら、友達の体験発表を真剣に聞いたり、
酪農学園大学の学生による演奏に合わせてみんなで歌ったり最後の夜を楽しみましたsmiley
 
4日目
9:00 卒業式&ミルク大使認定式
元気!ミルク大学を卒業するとミルク大使に任命されます。ミルク大使の仕事は…
牛乳をたくさん飲んで毎日元気に過ごすこと
ミルク大学で学んだことを、ひとりでも多くの人に伝えること
ミルク大学で出来た友達を大切にすること
牛や酪農のことをこれからももっと勉強すること です。
卒業式を終え、お世話になったリーダー達とお別れしました。最後の挨拶をし、バスは出発…
10:50 最後の体験学習・ミルク大使として最初の仕事は、くるるの杜での牛乳販売体験
あいにくの雨でしたが、みんな一生懸命販売してくれたので無事完売しました
13:20 札幌駅到着、解散式!親御さんの元へ戻っていく後ろ姿がとてもたくましく感じました。
 

皆さん、今まで以上に酪農や牛乳について関心が高まったのではないかと思います。
将来、北海道の酪農を支えてくれる仲間が出てくるのかと思うと、とても楽しみですね
また、どこかでお会いできることを楽しみにしております
3泊4日おつかれさまでしたlaughミルク大学、卒業おめでとう
このもようは9月9日(土)15:30~16:25 HBCテレビ
にて放送予定です!是非ご覧ください。
 
8/3 ミルクキッズチャレンジ in 円山動物園
2017-08-03
8月3日(木) 札幌市円山動物園にて
ミルクキッズチャレンジ お出かけレッスン
を実施しました!
 
はじめに管理栄養士からミルクの栄養と効用についてお話を聞きました
本日のように気温が高く、日差しが強い日に気になるのは熱中症ですよね。
運動後にコップ1杯の牛乳を飲む習慣をつけると
暑さに強い体をつくることができると言われております。
参加された保護者の皆さんはお子様の成長に牛乳のカルシウムが
欠かせないことは知っていましたが、
熱中症予防に効果的ということを初めて知った方も多く、
真剣に聞きいっていました。
 
次に、獣医さんから動物たちの食事についてお話がありました。
動物園では、動物の赤ちゃんや一部の鳥類
栄養価の高い牛乳を与える機会があります。

チンパンジーやオラウータンなどの霊長類は
飼育員さんが手に持つ牛乳パックから飲むことがあるそうです
そうして距離を縮めることで コミュニケーションを図ったり
至近距離で観察して 怪我や病気がないかチェックしたりできるようです。
 
園内ツアーでは今回特別に普段は入ることができない、
動物たちの食料を保管している冷蔵庫を見学させて頂きました。
野菜やくだものなどが保管されていました。
中には飼料用の馬肉鶏頭など 私たちにあまりなじみのない食べ物もありました
 
動物によって食べる物は全く異なりますが、
みんなしっかりご飯を食べて動物園で元気に過ごしています。
 
私たちも他の動物の命を頂いていることを感じ、
食べ物へ感謝の気持ちを忘れず、
元気に毎日を過ごして頂きたいと思います
 
夏休みで元気いっぱいに遊ぶお子様も
子育てや家事、仕事に忙しい保護者の皆さんも
毎日動物のお世話を頑張っている動物園の職員さんたちも
たくさん牛乳を飲んで暑い夏を乗り越えてくださいね!
 
7/28 夏休み親子ナチュラルチーズ体験学習
2017-08-01
7月28日(金) ニセコ髙橋牧場にて
夏休み親子ナチュラルチーズ体験学習を実施しました。
 
牧場に到着したら先ずは牛舎見学をしました。
髙橋牧場さんではロボット搾乳機を取り入れています。
搾乳の作業を機械化することで搾乳できるミルクの量を増やせたり、
病気を早期発見したりできるようです!
 
昼食後は、チーズの造り方や種類についてお勉強。
そして親子ペアになってさけるチーズを造りました!

子ども達からは「ミルクそのものの味がする!自分で作ったチーズはおいしい」
という感想をいただきました
親子で協力してつくったので、より一層おいしさが増したのではないかと思います

チーズには牛乳の栄養がぎゅっとつまっているので、
タンパク質脂質ビタミンミネラルが豊富です。
そして手軽に食べることができるので
夏休みのお子さんのおやつやご飯での栄養補給におすすめです
おいしくて栄養がたっぷりのチーズや牛乳を積極的に食べましょう
 
ミルクが応援!子育てママミルク教室 7月13日
2016-07-15
 7月13日 託児付が大好評子育てママミルク料理教室
ママがお料理中は、託児室で保育士が お子様を見守るのでママは安心して調理を楽しむことができます。
メニューを考案し、本日の講師を務めてくださった
熊谷しのぶ先生はマタニティフードアドバイザーであり、
ご自身も二人のお子様のママでもあり、栄養士でもあるママとこどもの食の専門家です。
 
 
【メニュー】  
 
「バランスのとれたジューシータコライス」
お米を牛乳で炊きます!
意外な組み合わせに驚く方も多いですが(参加者のママたちにもどよめきが
牛乳の栄養成分は 熱に強いのでお米と一緒に炊くことによって
壊れることがありませんので
牛乳の栄養がそのままお米にしみこむんです!
炊き上がったお米にはミルク感がしないので 
牛乳嫌いの方も気がつかないそう。
さっそく試してみてください
 
「とうもろこしの冷製ジュレスープ」
1歳未満の子は食べものは舌触りが重要
なかなか 食べてくれないお子様もジュレ状にすると
食べることがあるそうです。 
 
「果物いっぱいパンケーキ」
絹ごし豆腐が入ったパンケーキなのでとってもヘルシー!
また、ホイップクルームは、生クリームにヨーグルトを加えているので
消化も良く、さっぱりとした味わいです。
 
 レシピはこちら
 
 
  料理教室当日は 最高気温33度
暑い夏に気を付けたい熱中症ですが、運動した後に牛乳を摂取すると予防できるといわれています。
牛乳のたんぱく質が血流を増やし体温調節がしやすくなり、汗を出して体温を下げてくれるためです。
お子様の熱中症対策としてミルク料理はお勧めです。
 
 
 乳児期にアレルギーと診断された子供の半分くらいは、
3歳ころまでに改善している場合があるので、一度アレルギーの診断を受けても
ずっと与えないということではなく、改善しているかどうかを半年ごとに病院で調べてみましょう
 
そのほかママたちからの質問にはこちらでお答えします! こちら
 
 
7/1芽室町・7/2釧路市 親子料理教室
2017-07-03
7月1日(土) 芽室町 ・ 2日(日) 釧路市にて
親子料理教室を開催しました
 
今回作ったお料理は以下の3品です
 
  ジャンバラヤ風混ぜご飯
ズッキーニトマトなど、夏野菜たっぷりのジャンバラヤ風混ぜご飯。
食材とソースを合わせたものをご飯に混ぜ込み、最後にチーズを散らします。
お子様でも食べやすいように、辛みを調節したレシピとなっています。
パスタのソースにアレンジすることもできます。
 
ジャンバラヤとは・・・アメリカ南部の米を使ったケイジャン料理の代表的なもののひとつ。
タバスコやチリなど辛いスパイスdevilを効かせた炊き込みご飯のことです。
 
 
  カリフラワーとネギの白いクリームスープ
カリフラワーネギの組み合わせが めずらしいスープです。
夏は冷製スープにしていただくのもおすすめです。
 
通常のホワイトソースは、小麦粉とバターを入れ火にかけた鍋に少しずつ牛乳を入れて
ダマにならないように気を付けますが、
今回のように炒めた野菜に小麦粉を入れ、水を入れると、
野菜のまわりに小麦粉が付いているので 一度に水を入れてもダマになりません。
 
 
  ジャムのチーズケーキ
火を一切使わず、使うのは電子レンジのみという とっても おてがるチーズケーキです
今回はグレープフルーツのジャムを使用しましたが 
ブルーベリーや、イチゴなどお好みのジャムでアレンジできます。
ジャムは「低糖」のものを使いましょう。
 
レシピはこちら
 
 
親子料理教室当日の芽室町は 31℃、釧路市も平年より高い23℃と暑い日となりました
温暖化の影響か 北海道でも30℃を超える日が珍しくなくなりました。
 
この暑さで心配なのが熱中症です。
暑さに強い体をつくるためには、本格的な 到来前に、
「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる運動を1日15分-30分間実施することが効果的といわれています。
さらに、運動の直後にたんぱく質と糖質を多く含む牛乳を摂取すると
血液量が増加して熱中症リスクを効果的に下げることができます。

 この「運動 + 牛乳」の組み合わせは、熱中症にかかりやすい子どもと高齢者にも有効です。
牛乳・乳製品を生活にとりいれて暑さに強い体づくりを目指しましょう!