イベントレポート

 
フォーム
 
ミルクステーション in さっぽろ雪まつり大通り7丁目会場
2018-02-06
2月5日(月)より
第69回さっぽろ雪まつり
大通り7丁目会場にて
ミルクステーションが
OPENしました
 
今年もたくさんのお客様にご来店いただいております。
ありがとうございます
 
初日は最高気温が氷点下、一時吹雪にも見舞われ
凍てつくような寒さでした
こんなときは温か~いドリンク
飲みたくなりますね
 
当ブースではホットドリンクを3種販売しており、
販売横にはストーブが点いた
休憩スペースがありますので
ゆっくり飲みながら暖まれること間違いなしです
 
ミルクステーションは12日(月・祝)まで営業中!
(牛柄と大きなミルクランドマークが目印です
ご来店お待ちしております。
 
営業時間
10:00~19:00
 
メニュー
北海道ホットミルク 100円(税込)
北海道カフェオレ 150円(税込)
北海道コーンポタージュ 200円(税込)
 
商品が無くなり次第終了
とさせていただく場合があります。
ご了承ください。
 
ミルク&ナチュラルチーズフェア2018 札幌会場
2018-01-25
ミルク&ナチュラルチーズフェア2018
札幌会場
本日25日(木)から開催しています
 
が降って足元が悪い中、初日から
沢山のお客様にご来場いただいています
このフェアは68工房600点以上の
牛乳乳製品が勢揃いする
道内最大級の乳製品のフェアで
毎年楽しみにしている
お客様も多いイベントです
 
帯広会場でも好評だった
カットチーズ&よくばりチーズセット販売
 
平日12時と15時からは
生産者と料理人のステージ
 
土日は 高校生による販売、調理実演
 
道内在住のアーティストがステージから
フェアを盛り上げたり、
 
バターづくり体験(土日15:00)や、
 
28日(日)にはミルクランド北海道
アンバサダー黛 里佳さんの
お料理ステージなど
いつ来ていただいてもイベント
盛りだくさんの内容で楽しめます
 
おむすびきゅうさん
店頭では販売していないオリジナルおむすびや、

江別の行列のできるパン屋さん
ほっぺぱんさんや、
 
とまとスープ酒場けらあんさんの
チーズ入りトマトスープなど
イートインメニューも豊富に取り揃えておりますので
多くの方に楽しんでいただけるかと思います。
 
 
今年の冬は
「♡おウチで、みんなで、ミルクる? チーズる? ヨーグルトる?」
札幌会場は30日(火)18:00までです
 
smileyfacebookやツィッターでは毎日最新情報を随時更新中です!
公式facebookこちら
 公式twitter こちら 
出店一覧などイベントの時間など 詳しくはこちら
 
 
ミルク&ナチュラルチーズフェア2018 帯広会場
2018-01-18
1月18日(木)から23日(火)までの6日間
帯広藤丸百貨店 7階 催し会場にて
ミルク&ナチュラルチーズフェア2018
が開催中!
道内各地の乳業メーカーやチーズ工房から
牛乳・乳製品が約400点以上が
勢ぞろいしています
 
実際にチーズを作っている
工房の方も会場におりますので
気になるチーズの特徴や、
それぞれの味を確かめながら
購入することができます。

毎年好評の『カットチーズコーナー
ショーケースにディスプレイされた
ホールチーズの中から
お好みの量にカットして購入できます。
 
初めて食べるチーズや、
どのように食べていいか迷っている方には
初心者向けセット
ホワイト&ブルーセット
ワインと一緒セットなど
オススメのチーズの
組み合わせをセットしてご用意
 
 
チーズ工房×料理人
日替わり料理ステージや
 
骨密度測定など
いつ来ても楽しめるイベントとなっております!
 
道内初となる
デジタルスタンプラリー
会場内に設置されたスタンプを
スマホで集めると、
抽選でオリジナルエコバック
当たるチャンスもlaugh
 
 
今年の冬は
「♡おウチで、みんなで、ミルクる? チーズる? ヨーグルトる?」
帯広会場は23日(火)16:00までです
ぜひご来場ください
 
facebookやツィッターでは毎日最新情報を随時更新中です!
 
公式facebookこちら
 
 公式twitter こちら 
 
出店一覧などチラシ はこちら
 
 
12/13 酪育ミルク教室 平和小学校
2017-12-19
12月13日(水) 平和小学校にて

酪育ミルク教室
「まなぼ~う!牛乳のことを開催しました
 
ゲストティーチャーは
恵庭市 むらかみ牧場 村上隆彦さんです。
酪農家の一日の仕事や、
牛のからだ、エサ、ミルクを出す量について等
真剣にお話を聞きましたyes
 
今回、子ども達からこのような質問が・・・
Q.ミルクを出すのは子どもを産んだメスの牛ということがわかりましたが、
   もし生まれた赤ちゃんがオスだった場合どうなるのですか?
 
A.生後約1週間で肉牛になる牧場に行きます。
 
たった一週間でお母さんと離れ離れになることに
みんな驚いた様子でした。
 
牛に限らず、魚や野菜、お米などの食べ物は
人間のために与えられた大切な命です。

命をいただくということにしっかり
感謝して食べてほしいです。
と、村上さんは話してくれました
 
今回の学習で酪農に興味を持った子や、
今まで以上に牛乳が好きになった子が増え、
 
”酪育ミルク教室”を通じて
食の大切さ・感謝の心を
育むきっかけになればと思います。
 
11/27・12/4 酪育ミルク教室 八軒西小学校・平岡南小学校
2017-12-04
11月27日(月) 八軒西小学校
12月   4日(月) 平岡南小学校
にて
 
酪育ミルク教室
「まなぼ~う!牛乳のこと」
を開催しました
酪育ミルク教室とは…

酪農生産者と管理栄養士が
札幌市・札幌近郊の小学校を訪問し、
牛や牧場、牛乳の栄養のお話を通して
酪農や牛乳・乳製品について
知識と理解を深めてもらうことを目的とした事業です。
 
ゲストティ-チャーは、
恵庭市で酪農をしている
むらかみ牧場村上隆彦さんです。
 
村上さんからは牛のからだや、
酪農家の一日について、牛の世話について、
牛がどんなエサを食べているのかを学びました

牛のエサについては干し草のほかに
「ビートパルプ(砂糖だいこんの葉としぼりかす)」
しょうゆのしぼりかす」など、
人間が食べられない捨てられてしまうものを
エサとして食べて、
みんなが飲む牛乳にしてくれていることを
初めて知りました
 
さらに糞はたい肥となって
作物を育てる為に役立ちます
牛はリサイクルに役立っていることに、
みんな驚いた様子でしたsmiley
 
私たちが普段口にしている
牛乳野菜
毎日食べることができるのは、
おいしいものを届けようと、
一生懸命頑張っている牧場の方や
農業・漁業の方がいるおかげです
 
このことを少しでも意識して
食の大切さや感謝の心を育む
きっかけになればと思います。