イベントレポート

 
フォーム
 
ヨーグルトクッキングセミナー
2016-11-24
 
11月23日 ヨーグルトクッキングセミナーを開催しました。
 
クッキングセミナーの講師はドイツ人シェフのマーカス・ボスさん。
普段そのまま食べることが多いヨーグルトですが、
今回のセミナーではお料理に使用し、 
野菜カレー
り根の水切りヨーグルト添え
りんごのコンポート
の3品を作りました。
料理のデモンストレーションのあとの
調理実習ではマーカスさんが各台を回り、参加者と会話しながらの
和やかなクッキングセミナーとなりました。
 
また、よつ葉乳業株式会社中央研究所主任研究員 内田さんより、
ヨーグルトの歴史と乳酸菌の種類や健康効果などの基礎知識を学びました
 
【参加者からの質問】
Q.ヨーグルトはどのタイミングで食べるのが効果がありますか?
 
【よつ葉乳業㈱内田さんより】
A.ヨーグルト効果的に食べるタイミングについては諸説ありますが、ヨーグルト単体で食べると胃酸で乳酸菌が死んでしまい、乳酸菌が生きて腸まで届くのは難しくなってしまいますが、食事と一緒にヨーグルトを食べると緩衝されて腸まで届きやすくなります。とのこと。
 
また、たとえ乳酸菌が生きて腸まで届かなくても
腸内の善玉菌の餌になるなど、整腸作用に効果はあります。
腸内環境が改善されて腸が元気になる 
腸からの栄養素の吸収も良くなり、免疫力強化につながります。 
 
これから風邪が流行る季節ですので、
毎日の 食事 + ヨーグルト で体の中から健康になりましょう!