イベントレポート

 
フォーム
 
11/3 道産ナチュラルチーズセミナー2020
2020-11-05
11月3日(火・祝)札幌グランドホテルにて
「道産ナチュラルチーズセミナー2020」
を開催しました。
 
セミナー前半は
北海道岩見沢農業高等学校
牛乳・乳製品製造専攻班の生徒さんによる
農業高校の活動発表やチーズの研究発表で
農業高校ならではの専門的な
素晴らしい内容でした。
 
岩見沢農業高等学校の生徒さんが作った
「フィバスの瞳」(6カ月以上熟成)
今年10月に行われたJapan Cheese Award
銅賞を受賞しています。
実施に試食した参加者の皆さんは、
高校生の作ったチーズの
レベルの高さに感心されていました。
 
 

共働学舎新得農場代表宮嶋望さん

による講演では

「日本の本物のチーズとは?」

と題して日光や水質の違いによる味の変化や

日本の醗酵文化を活かしたチーズ作りのお話など

幅広い視点のお話を

聞くことができました

 

 

セミナー後半は

札幌グランドホテル名誉総料理長

小泉哲也氏による

市販のナチュラルチーズを

使った料理実演

普段スーパー等で売っている

市販のチーズを使ってご家庭でも簡単に

作ることができるレシピを

考案いただきました。

レシピはこちら

 

11月11日はチーズの日です!

北海道の美味しいナチュラルチーズ

を食べましょうsmiley

 
 
酪育ミルクスクール in 平岸小学校
2020-11-04
10月23日(金)
札幌市立平岸小学校にて
酪育ミルクスクールを開催しました。

この日も酪農や牛乳について
生産者や管理栄養士からお話を聞き、
バターづくり(今回は試食なし)をして
楽しく学んでいただきました。
 
子ども達から寄せれらた質問です
「牛乳は、飲みすぎると体に悪いと
聞いたのですが本当ですか?
 
日常生活で積極的に
牛乳や乳製品を摂る程度で、
お腹が痛くなったり
体調が悪くなったりしないのであれば、
問題ないと思います。
(心配な方はお医者さんに聞いてください)
 
牛乳にはみんなの成長に欠かせない
栄養素が含まれていますので
たくさん飲んでほしいです。
と、回答させていただきました
 
牛乳に関する悪い噂
気になったときは
こちらをご確認くださいね
 
朝晩冷え込む季節となりましたが、
これからも牛乳・乳製品を摂って
元気に過ごしていきましょう
 
10/25 託児付きミルク料理教室
2020-10-28
10月25日
子育てママ料理教室
を開催しました
 
この料理教室では、ママたちが実習中に
保育士がお子様をお預かりするので
ゆっくり調理に集中できるのが特徴です。
 
今回の料理教室は、実施人数を半分に、
マスクの着用や健康調査や検温をするなどして
感染対策を行いながらの実施となりました。
 
講師は料理研究家の
東海林 明子 先生です
 
みそ焼きおにぎりのミルクソース
乳製品は和の食材とよくあいます。
みそ焼きおにぎりはお弁当にもピッタリ!

トリプルチーズとささみのピザ
ピザ生地の代わりに鶏ささみ肉を
使用することでカロリーが抑えられるうえに、
高たんぱくで栄養価もアップします。
 
 
ヨーグルトムースのフルーツソース
生クリームにヨーグルトを加えて
泡立てると通常よりも早く
泡立ちます!
季節の果物をトッピングして
おためしください。
 
実習した3品のレシピはこちら
 
 
おうち時間が増えているこの時期に
家族でミルク料理を作ってみてはいかがでしょう
 
ミルクランド北海道カフェ in 札幌駅南口広場
2020-10-19
10月17日(土)18日(日)
ミルクランド北海道カフェ
オープンしました。
 
2日間とも天候に恵まれ
たくさんのお客様に
ご来場いただきました
 
北海道内だけではなく
道外から来られた方にも
北海道産牛乳・乳製品の魅力を
PRできたのではないかと思います。
 
今回はお飲みにならなかった方へ
レシピを公開します
 
 
札幌ベルエポック製菓調理専門学校の
学生考案ドリンクを
ぜひお家でも作ってみてください
 
10/10 酪育ミルクアカデミー
2020-10-12
10月10日(土)
栄養教諭や食育指導者・管理栄養士
目指し学んでいる大学生を対象に
酪育ミルクアカデミーを開催しました。
 
開催場所は ニセコ髙橋牧場です。
 
ナチュラルチーズがどのようにできているか
牧場での牛へのストレスをかけない飼育や、
北海道ではまだ珍しいロボット牛舎の見学、
牧場の経営のお話など
生産者さんの生の声
聴くことができました。
 
今はネットやYouTube
いくらでも情報を得ることができますが、
実際に現場に来て
牛のようすや体温や、牧場のにおい、
触ってものづくりをできることは
貴重な体験となったと思います。
 
今後の大学での学び
また将来 社会にでたときに
今日感じたこと、学んだこと
活かしてほしいと思います。
食を通じて みなさんが
北海道酪農の応援者smiley
なってくれることを期待しています。