イベントレポート

 
フォーム
 
12/16・20 酪育ミルク教室
2016-12-26
12月16日(金) 西野第二小学校(札幌市)
12月20日(火) 末広小学校(千歳市)
にて
酪育ミルク教室「まなぼ~う!牛乳のこと」を開催しました
 
ゲストティーチャーは、恵庭市で酪農をしているむらかみ牧場村上隆彦さんです。
 
1時間目は牛のからだや、酪農家の一日について勉強しました
牛の世話について、むらかみ牧場の牛がどんなエサを食べているのか実際に見たり、触ったりしました。
 
村上さんが毎日牛を中心とした生活を送っていると知り、
子どもたちは『夏休みがない』『そんなに早く起きられない』と驚いた様子でした。
 
2時間目は管理栄養士から牛乳の栄養やカルシウムの大切さ、骨の役割について、
牛乳からできる加工食品についての勉強です。
 
バターづくりでは、生クリームの入った容器を一生懸命シェイクすることで
どんどん黄色い固体(バター)と液体(バターミルク)に分かれていきます。
自分で作った世界に一つだけの バターにみんな大満足でした

最後に村上さんから「牛を育てる上で一番大切にしていることは何ですか?」という質問に対して
「牛は愛情を持って接することで、愛情が返ってきます。
毎日優しい気持ちで牛を大事に扱うことを大切にしています」
という回答を頂きました
 
農業はその日にしたことが、その日のうちに結果としてでるものではありませんが、
少しづつ変化することを継続してもらうことで、私たちは美味しい食べ物が食べられるんですね

 
 
今回の授業で、皆さんに酪農や牛乳について関心を持っていただき、
食の大切さや感謝の心を学んでいただけたのではないかと思います。